| トップへ |

ウェブ アニメーター

北の山小屋へようこそ♪
ここはいわゆる
「おまけ(隠し!?)ページ」です。

団長(指揮者)の独り言などなど、
随時掲載しております。。
■2017年8月10日

 今年の京都府吹奏楽コンクールが終わりました。「銀賞」をいただきました。

 昨年も書きましたが、金賞を受賞した団体と我々とではその演奏レベルに歴然とした差があります。昨年は「銅賞」でしたが、今年「銀賞」になってそのレベルの差が縮まったのかと言えば、どうなんでしょうか。それでも、本当に楽しかったです。課題曲も自由曲も演奏していて面白かったです。いい加減に練習したつもりはありませんが、改善したいと思う所は本番が終わっても山盛り残してしまいました。審査員の講評に書かれていることは納得のいくものばかりでした。それでも、きたやまの演奏が好きです。そして、何よりうれしいことは、昨年「銅賞」をもらった後で楽団にイヤな変化が起こらず、それまで通りにコツコツと今年のコンクールまでやって来れたことです。銅賞を機に、コンクール出場をやめようという議論も全くありませんでした。私は楽団の創立時からコンクールを賞争いの場として捉えるのではなく、自分たちの活動の成果を演奏面から客観的に評価してもらう機会だと捉え、しかも2曲の練習だけに集中して取り組むことで音楽への理解を深められるチャンスだと考えてきました。コンクールも他の本番も演奏会としては同等に大切にしたいと思ってきました。コンクールで得たものを他の演奏会に活かし、他の演奏会で培ったものをコンクールで出し切る。コンクールを特別扱いしない。そのことが楽団全体で共有されていることが感じられた一年です。

 賞争いが悪いことだと思っているわけではありません。賞が争える程の実力を血のにじむような練習を乗り越えて身に着け、すばらしい音楽を奏で、それまでの苦しさが一瞬にして喜びに変わる結果発表の瞬間。すべてが報われた深い喜び。その得難い喜びを味わうことを否定することなど誰にもできません。仮にきたやまが金賞代表に選ばれそうな事態になった時、私だってそこから逃れようとは考えないでしょうね。もっとも関西大会に行くことになったら、職場の休み調整とか遠征の段取りとかたちまち大混乱が起こるでしょうけれども。ただ、きたやまは、それを求めて創立された団体ではありません。それなら、きたやまの存在意義って一体何処にあるのでしょう。

 プロ級の、場合によってはプロを超える演奏力を持ったアマチュア団体があります。極端な話になりますが、もしも仮にそんな団体しかこの世に存在する意義がないとするなら、アマチュアが演奏をして音楽を楽しむこと全てが無意味だということに繋がると思います。そんなこと誰も思わないでしょう。だからこそ本当に数多くのアマチュア団体が現に活動しているのです。それぞれが演奏の向上を目指して練習しています。演奏の向上を目的としない練習なんてありませんからね。その中でのきたやまの存在意義を考え、答を探そうとするわけです。

 職域・一般では吹連加盟団体の半数未満しかコンクールに出ていません。数多くの大学があり、「大学の街、京都」と言われているのに、コンクールに出場してきた大学は今年わずか3大学でした。こんなに色んなことを考える機会を提供してくれるイベント、他にありません。他の団体ももっとコンクールに出てくれば良いのにと思います。

 他の本番と同じだと叫びつつ、どこか違う「コンクールの魔力」みたいなのも確かにあります。これとどう向き合うのか。「決して入れ込まないで。これから舞台上では何事も起こりませんから。起こるのは、ただ出した音がホールに響いて行くだけ。楽しんで演奏しよう。」木管チューニングルームで私が言ったことです。さあ、自分の音を響かせようと思ってくれたら良し、自分の音が響いてしまうのか、どうしようと思うなら、音なんて出すな。いや、言い過ぎました。

 きたやまはスクールバンドではないので、自分たちの練習環境を整えることも重視しています。みんなで音楽を楽しむことは環境を整えることから始まると思います。草野球チームならグランド整備から始まる。新入部員がキャリーをし、3年生は演奏に力点を置く、ということは市民バンドでは有り得ません。今回のコンクール、トラックから会館般入口への打楽器搬入時間は8分、搬出時の積み付け時間は9分49秒だったそうです。これ、かなり速いですよ、きっと。こんなの計って競って何の意味があるんですか?団員みんなで音楽を作ることはここから始まる、きっとその象徴みたいなものです。

 環境整備から始めて、どこへ行くのか。そりゃ、やっぱりいい演奏がしたいです。自分たちが喜ぶと同時に、聴いて感動してくれる人の数を増やしていく。トラックの積み付けをいくら速くしようと思っても、コンクール前の短期間では、ここまでのタイムは出ないです。これ全国レベルです。18年間やってきて今の結果がある。誰か一人だけが積極的なだけではできません。多くの人がその意味を理解し、積極的にやる人が出てきて初めて速くなります。演奏面でも、どんな音を出したいのか、どんな演奏に近付けて行きたいのか、団員の意欲が湧き出てくることが絶対に必要です。自分が下手だと消極的になることに何の意味もありません。それよりも、どんな音に憧れるのか、どれくらい強い憧れなのか、それを合奏練習で他の団員にどんなふうに聴かせたいと思うのか。これがもし希薄なら、そのことを一番最初に改善すべきです。演奏のうまい人はそれで終わらず、団内の憧れの演奏者になってほしいです。学校の時、クラブの中に憧れの先輩、あんな演奏ができるようになりたいと思う先輩、いたじゃないですか。あれです。そして、憧れを抱いて練習する奏者、憧れられて自らも憧れを抱いて練習する奏者、相互の年齢に関係なく良いものを良いと感じ取り、盗もう、近付こうとする気持ちは憧れがベースにならないと苦痛に繋がると思います。練習を通じてそんな気持ちを誘発するのが指揮者である私の大きな役割です。団員になるまでの音楽経験が千差万別の市民バンドではとても難しいことだと思います。ですが、だからこそ、がんばらなければなりません。

 きたやまは1999年4月に生まれて、ただいま18歳。成人式まで後2年を切りました。ここに書いたことやきたやまが誕生した時に思い描いた理想像が現実のものになって成人式を迎えたいと思います。一週間仕事して、勉強して、週末きたやまのメンバーに会って合奏して、お互いのアドバンスを認め合って喜び合い、信頼関係の中で何事にも代えがたい時間を過ごし、だからこそ金曜日になるとそわそわし、土曜に仕事を積まれると上司を殴りたくなって、そんな積み重ねで作った演奏を聴衆に聴いてもらって感動していただける、こうなれば、きたやまの市民楽団としての存在意義が揺るぎないものになると思います。

 コンクールが終わってみて、考えたことです。いや、コンクールが考えさせてくれたことです。やっぱりコンクールは面白い。

 
■2017年3月7日

 「北山スプリングコンサート18」が終わりました。今回、入場者数は過去最高となりました。ご来聴、ありがとうございました。少しずつではありますが、お客様の数が増えています。本当にうれしいことです。お客様の期待に応えられるよう、今後も身を引き締めて行きたいと思います。
 今年のスプリングコンサートでも4人の卒団者を見送ることになりました。この寂しさを避けることができないのも現実です。しかし、その一方で、これまでに就職・進学で楽団を離れた人たちが、思いがけず沢山来てくれました。毎年、演奏会の受付をしてくれる人を確保するのに四苦八苦しています。今年もそうでした。しかし、今年は一時受付がOB、OGでいっぱいになったらしいです。埼玉、愛知、福井、岡山、島根(漏れていたらごめんなさい)等の遠隔地から、もちろん京都市内からも、この日の京都こども文化会館に戻ってきていただきました。この楽団での思い出を共有している人たちが同窓会のように集まって応援してくださることに対して、十分な感謝の言葉もありません。ことしの卒団者も含めて、みんな元気でそれぞれに頑張ってほしいと思います。こちらも、そんな皆さんが戻ってきてくれるに値する楽団活動をこれからも続けて行きたいと思っています。
 今回のスプリングコンサート、当日のバンドのテーマは「Smile !」でした。少年野球で、微笑んでボールを投げると球速が少し上がる、というテレビネタをヒントに、それなら微笑んで、微笑む気持ちで演奏すれば、良い音、しっかりした音が出せるはずだという、実証されてもいないことを信じてやってみました。少しだけ良い音、しっかりした音が出ていたに違いないと思うんですが、いかがだったでしょうか。

■2016年8月12日

 京都府吹奏楽コンクールは、ロームシアター京都での開催でした。今年のコンクールは練習も本番も本当に楽しかったです。指揮者も団員も、毎回の練習毎に演奏が良くなって行くことを感じ、そのことを楽しむことができたと思います。良くするために活発なコミュニケーションもありました。すばらしい曲にも深く触れることができました。外部の演奏者の力を借りることなく、私を含めて50人でステージに立つこともできました。これこそが当初から目指している団員みんなで「練習を楽しむ」ことだと思います。

 結果は16年ぶりの「銅賞」でした。でも、私には団員の誰もがそのことで落胆しているようには感じられませんでした。それを一見すれば、ぬるい練習で適当にコンクールの舞台に上がっているように見えるかも知れませんが、去年(銀賞)よりもさらに真剣に練習し、自分達の納得の行く演奏ができたと思えたからこそ落胆しなかったのだと思います。(もちろん、あそこで縦が合わなかったのは棒の責任だとか、奏者もみんな個々の反省とか後悔は沢山あるとは思いますよ。)

 金賞団体の演奏を聴けば、我々の演奏とのレベルの差を歴然と感じます。私もそういう素晴らしい演奏を聴きたいと思います。音楽が奏者と聴衆によって成り立っている以上、私たちも素晴らしい演奏を聴衆に届けたいと願います。そのためには、私たちにはまだまだ足りないものがあるというのが、コンクールの評価です。足りないものを確認し合うためにコンクールは有意義な機会です。本番で審査員の評価を得られるのみならず、毎回の練習で団員みんながしっかりと考えることができる機会です。

 京都北山吹奏楽団が発足してからの18年間に京都府代表となった経験を持つ団体は6団体、複数回の代表経験を持つ団体は4団体に絞られます。これらの団体は圧倒的な演奏力を維持されておられます。8月現在、京都府職域・一般吹奏楽連盟には29の所属団体がありますが、今年コンクールに出場したのは当団を含めて12団体です。昨年から審査方法の変更と審査基準の徹底がなされ、それまで職域・一般ではほとんど出ていなかった銅賞が相対評価(振分け)としてキッチリ出るようになっています(今年は12団体中、銅賞4団体)。

 さあ、この現状で私たち京都北山吹奏楽団は、何のためにコンクールに出るのでしょうか。
 演奏会に向けた週1回の練習を楽しみにウィークデイを過ごし、その週の練習を本当の意味で楽しむ、これが私たちの楽団活動です。とりわけコンクールはたった2曲のために多くの時間を費やすことができ、楽しみも深い。15年間続いた銀賞の間にはしっかりと意識しなかったことを今回きっちりと考えることができました。これからも今まで通り、毎回の練習を大切にし、本番では今回のように演奏を楽しみたいと思います。そして、仮に出場団体数がさらに減ったとしても、私たちはしっかりとコンクールの場で演奏できる力を維持し、演奏力を高め、今後もコンクールに演奏の場を求めて行きたいと思います。

■2016年3月11日

 先週末、3月6日(日)に「北山スプリングコンサート17」を終えました。ご来場いただいた516名のお客様、どうも有難うございました。ひとことで言うと盛会だったと思います。
 いつものことながら、コンサートの余韻はあっという間に心中から消え去り、もう次の本番に気持ちも実務も向かっています。今度はもっと楽しい演奏、感動的な演奏をしたい、そう思って前の演奏の余韻から覚めるのであれば、余韻なんかよりずっと価値があることなのかも知れません。
 明日の練習に来ていただく入団見学の方々から新入団の季節が始まります。これまでの団員の人たち、新しいメンバーの人たちとともに、18年目の「きたやま」を作って行きます。


Kyoto Kitayama Wind Band